Page: 1/56   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
子どもに本音で話していますか?

前回は「ご家族の不安」に
ついて書きました。

 

 

今回は、不登校になって苦しんで
いるお子さんと、どのように
接すればいいのかをお話ししたい
と思っていました。

 

 

ところが、前回、書きながら、
私がどうしてもスッキリしない
感じしていました。

 

 

前回、ご家族が不安に思うのは
わかりますが、ご本人はもっと
不安なんだということを書きました。

 

 

その時は、あまり強くは書か
なかったのですが、どうしも
一つだけお伝えしたいことがある
ので、今回は、そのことを書いて
いきたいと思います。

 

 

このまま動かないのは
「本人のために良く無い」
とご家族はみなさんおっしゃいます。

 

確かに事実ではあるのですが、
この時、ご家族ご自身の中に
「このまま動かないのは嫌だ!」
という感情があることを認めて
ください。

 

いや、私は真剣に子どものことを
考えて、このままは良く無いと
思っているとおっしゃっても、
必ず今の状態を嫌だと思って
いる、その感情に気がついて
ほしいのです。

 

 

学校に行かなくなった当初、
しんどかったら無理に行か
なくてもいいよ、と優しい
言葉をかけるご家族がよく
いらっしゃいます。

 

ところが本心では、ものすごく
行って欲しいと思ってるので、

「この授業は面白いと思うよ」
「この先生はわかってくれるよ」

とか本人におっしゃるのです。

 

これは「何で行かないの!」と
言って無理に学校に行かせよう
とするご家族よりも、もっと
悪いパターンだと思っています。

 

 

なぜなら、子ども達はご家族の
言動からものすごく学校に行って
欲しいということを感じ取って
います。

 

それにもかかわらず、言葉上は
行かなくていいと言われ、
「本当は行けと思ってるのに」
と本人が思ってしまうからです。

 

 

子どもは気がついても、ご家族に
言わないことがほとんどです。

子どもは自分が学校に行っていない
ことが原因ですから、言えなくて
当然です。

 

しかし、大きな大きな問題が生じます。

 

子どもはご家族を信頼しなくなり、
ご家族との人間関係がくずれて
しまうのです。

 

子どもが学校に行かないだけでも
しんどいのに、ご家族にさえ、
本音で話してもらえなくなり、
ご家族を信頼できず、心を閉ざし
てしまうこともあるのです。

 

ここでエネルギーの強い子どもは
自室に引きこもるか、非行に走る
かということになってきます。

 

非行に走るのも、自室に引きこもる
のも私から見ればほとんど同じです。

気持ちが自分に向いているか、
外を向いているかだけの違いです。

 

エネルギーの弱い子どもも引き
こもるしかありません。

 

この子ども達は、ゲームに逃げる
たりしながら、昼夜逆転がひどく
なったり、行動も少し心配な
状態になって、心療内科や精神科
の先生のお世話になることも
出てきます。

 

こんなことになるくらいなら、
正面切って、
「私はあなたに学校に行って欲しい」
と言ったほうがまだマシなくらい
です。

 

不登校になって苦しんでいる
子どもとどのように接していくか
という前に、根本的な家族間の
信頼関係がなければ、接するも
何もありません。

 

話のしようもないからです。
その状況を作ったのはご家族です。

 

だからこそ、自分の感情に
気がついて、上手にそのことを
子どもに伝えて、一緒に取り組む
ことができれば、子ども本人が
動きだせるまでの時間が少なくて
すむように思います。

 

 

ただし、上手に伝える必要は
あります。

 

こう書くと、必ず
「どのように伝えたらいいか
 教えて欲しい」
というお声をいただきます。

 

それはできません。
なぜなら、私はその子どもと
家族ではないからです。

 

 

どのような家庭環境で、ご家族と
の信頼関係がどんな状態で、
今の子どもの状態がどのような
ものかわからないのに、表面的な
伝え方だけをお伝えはできないからです。

 

だから、ご家族が真剣に何を
どのように伝えたらいいか、考えて
ください。

 

 

そのことが大きな大きな意味を
持つのです。

 

次回は、不登校になって苦しんで
いるお子さんと、どのように
接すればいいのかについて、今回の
話に付け加えながら、お話ししたい
と思います。

 

 

長くなりました。
今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございまいした。

| Pa | 10:51 | - | - | pookmark |
ご家族の不安と子どもの心の中を考えると

前回は不登校になる原因に
ついて、書きました。

今回は、「ご家族の不安」に
ついて書いてみたいと思います。


お子さんが不登校になった時は
「どうして?」「なぜ?」という
思いがご家族には強いかもしれません。


これは、原因がわかれば、それを
解決することによって登校できる
ようになるかもしれないと、
無意識に考えているからだと
思います。


ところが、前回もお話したように、
不登校の原因というのがよく
わからないことが多いのです。


身体症状が出る場合は、それが
もとで学校に行けなくなるの
ですが、身体症状についても、
なぜ、体に出るのか、その原因が
わからない場合がほとんどです。


ですから、原因の解決というのは
とても難しいことになります。
そこで、

続きを読む >>
| Pa | 12:53 | - | - | pookmark |
お子さんの今の状況を把握していますか?

不登校と言ってもいろんな

状態があることは、よく

知られているところです。

 

文部科学省の不登校の定義は

 

「何らかの心理的、情緒的、

身体的あるいは社会的要因

・背景により、登校しない、
あるいはしたくともできない

状況にあるため年間30日

以上欠席した者のうち、病気

や経済的な理由による者を

除いたもの」

 

となっています。

 

 

 

 

続きを読む >>
| Pa | 11:00 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode