Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
50年後の日本を共に語ろう!

28年前、不登校の子ども達が少し
でも元気になって社会で活躍して
欲しいと思い、不登校生と本格的に
関わりはじめました。

 

その時の子ども達は、国立大学の
准教授として活躍している者も
いれば、母親になり、娘を育てて
いる者もいます。

 

あれから30年近くが過ぎました。

世の中はバブルもはじけ、長い平成
不況から今も脱していません。

 

教育界はゆとり教育中心だった
ものが、あっという間にゆとりが
ダメだとして、方向が転換して
しまいました。

 

私には今の教育界がどこに向かって
行こうとしているのか、よく分かり
ません。

 

というより、ゆとりはダメで、
じゃあ今の教育はいいのか?
という検証もなされていないと
強く感じています。

 

ゆとり教育は道半ばで成果をどうこう
言われ、学力低下を厳しく糾弾され、
結果、方向転換に至りました。

 

では、現在の教育は本当にどうなのか、
ゆとり教育の時のように徹底的な
検証がなされることもありません。

 

本当に日本の教育はどこに向かって
いくのかと心配でなりません。


もちろん、私が知らないだけのこと
なのかもしれません。

 

でも、そのような報道や文部科学省の
告知を見たことは
ありません。

 

 

ゆとり教育が良かったと言っている
わけではありません。

 

途中で方向転換してしまったことに
ついて、現状でどうこう言えることは
ありません。

 

 

ただ、私の中で一つだけはっきりと
思っていることがあります。

 

少なくとも、ゆとり教育の時の方が
30年後、50年後の日本をどの
ようにしたいか、そのために、
子ども達に何を伝えないといけない
かが明確だったということです。

 

そういうことを、文部省のスポークス
マンとまで言われた寺脇研さんを
はじめ、多くの方々が明確に語って
いました。


今、教育界で30年後、50年後の
日本を語っている方はほとんどいない
と思います。

 

少なくとも私は知りませんし、
国民の多くに知らしめているものを
聞いたことがありません。

 

 

これは、教育界の問題だけでなく、
経済的な問題もあるのだと思います。

 

政治も経済も、50年後の日本を
どうすると明確に打ち出せないまま、
平成不況を長引かせてしまっています。

 

経済界も企業自らがグローバル化の
波にのまれ、結果として自分の企業が
生き残ることしか考えられなくなって
きています。

 

京セラの稲盛和夫名誉会長は、企業
哲学、京セラフィロソフィーという
ものを明確に打ち出されてこられ
ました。

 

今の京セラもそれをしっかりと
踏襲している、そういう企業も
あります。

 

しかし、上場企業であってもしっかり
とした企業哲学など存在しない企業も
多いと思うのです。

 

大企業も取引先や下請けの中小企業
があって存続していることも事実です。

本当の意味で日本を支えているのは
多くの中小企業ではないかと私は
思っています。

 

その中小企業は長引く不況のため、
苦しい経営に喘ぎ、必死に生き残る
ための努力を続けています。

 

それでも多くの企業が倒産しているのです。


アベノミクスに一時は景気も上向きに
なりかけましたが、消費税の増税、
経済政策の失敗により、デフレを脱却
するどころか、再びデフレを強化する
始末です。

 

そのことをわかっていない野党は
自民党と政策対決をせず、森友
学園問題等で政治を空転させる
という大失態を演じています。

 

国会は全く機能せず、出口の見え
ない不況がまだ続いているのです。

 

 

世界を見渡せば、グローバル化に
疲れた人々が、イギリスのEU離脱、
アメリカのトランプ政権の誕生と、
グローバル化の流れを確実に
終わらせてきています。

 

イスラム国のテロ行為が世界的に
問題になり、北朝鮮はミサイルを
どんどん撃ってきています。

 

30年前とは全く異なる問題が
生じてきているのです。

 

 

長い人類の歴史は、戦争と平和の
時期を繰り返してきました。

どれだけ人々が平和のために努力を
してきても、戦争を繰り返してきた
ことはまぎれもない事実です。


第2次大戦から72年がたち、再び
戦争がいつ起こらないとも限らない
ほどに緊張が高まってきています。

 

 

四季折々の素晴らしい風景を見る
ことができる、緑豊かな国、日本。

我が国は、自分の力で外国からの
攻撃を守ることもろくにできず、
平和ボケしているとしか言いようが
ありません。

 

 

日米安保、日米同盟によって、アメ
リカ軍が守ってくれるし、自衛隊
だってしっかりしているかもしれ
ません。

 

それでも、北朝鮮がミサイルを
同時に多数打てば防ぐことはでき
ないのです。

 

まして、アメリカ国民の気持ちに
なってみれば、本当にアメリカ軍が
守ってくれるかどうか、そのことに
疑問が湧かないはずはありません。

 


今、このブログをお読みいただいて
いる方でお子さんがいらっしゃる
方であれば考えてみてください。

 

アメリカ合衆国が突然、中国と
戦争状態に突入したとします。

 

日米同盟があるから、どうしても
アメリカを守らないといけない。

だから、日本国民としてアメリカを
守るために子どもを戦場に送り出す。

 

 

どう考えても、戦争は激しくなることは
避けられないことは、誰の目にも明らか
です。

 

核の脅威がある中で戦場に出向くの
です。生きて帰れる保証など、
どこにもないのです。

 

それでも、世界平和のために、
子どもに戦場に行けと、
あなたは言えますか?

 

例え仕事であったとしても、
子どもを戦場に送る気持ちに
なれますか?

 

自国には直接的には何の関係も
ない戦争にです。

 

全く関係がない戦争にです。

自分の国が滅びるわけでも何ん
でもないのです。

 

そんな他人の国が攻撃されている
からと、その国を守るために
我が子を行かせますか?


私は行かせたくないです。

どんなことがあっても行かせたく
ありません。

 

親としてそう思って何が悪いの
ですか?

 

子どもの命を守りたいというのは
親として当然ではありませんか?

 

 

アメリカ軍の兵士のご家族は、
自分達がアメリカ人だからという、
ただそれだけの理由で、日本という
国を子どもに守らせたいと思いますか?


自分達には何の縁もゆかりもない
国が戦争になったからと助けに
行かせたい親なんていないか、
いたとしてもほんの僅かでしょう。

 

アメリカ人だって同じです。

 

だから、私はどれだけ日米安保
条約があろうと、アメリカ軍が
日本を助けてくれると思わない方が
いいですし、助けくれなくても
当たり前だと思うのです。

 


自分達の国を自分達で守れない。
それは子ども達がどうなっても
いいと言っているのと同じだと
私は思うのです。

 

 

そんなことも考えず、平和ボケ
していては子ども達の将来に
大きな不安を残すのです。

 

 

50年後の日本を語れない。
政治も経済も教育も何のビジョンも
示すことができないでいる。

 

そんな、どうしようもない
無力感が大人に漂う中で、子ども
達が無邪気に元気にすくすくと
育っていけるとは、どうしても
思えません。

 

だからと言って、黙って見過ごす
ことはできません。

 

私のような力のないものが、
何かができると思っていません。

 

 

しかし、ほんの一人でも二人
でも今の社会を拒絶したり、
事情で不登校になった子ども達
と共に歩みたい。

 

いや、元気な子ども達とも
共に歩みたい。

 

彼らに

 

「今に生き、明日を信じる力」

 

を持ってもらえるように努力
したいと再び強く思い、この
ブログを再開することに
いたしました。

 

 

教育界の方が語らない経済や
政治のことにも触れていきたい
と思います。

 

目の前の子ども達に50年後の
日本を自信を持って語れるように
なりたい。

 

そのために教育だけでなく、
様々なことを学び、多くの方々と
一緒に子ども達に胸を張って、
この日本という素晴らしい国の
将来を語れるようになりたいと
思っています。

 

| Pa | 15:02 | - | - | pookmark |
おすすめパソコン
 http://ta-san.net/rakutenwant/


いろいろなパソコンが今はネットで購入できるのですね。

Intel Corei3、Corei5、Corei7とどんどん高性能の

CPUになっていくので、どこかで1台購入しようと思います。



中古でもいいものがありますね!

ゆっくりと探してみようと思います。


おすすめパソコン


http://ta-san.net/rakutenwant/


| Pa | 17:55 | - | - | pookmark |
あと5時間弱で2011年です
 大晦日の今日も仕事をしていました。

事務所の窓から見える景色は今日はかなりの時間、雪でした。


大晦日はお昼くらいまでは雪の中を買い物の車と人がかなり

見えていましたが、夕方4時くらいからはどんどんと少なくなり、

今はほとんど車も通らず、人影もまばらにしか見えなくなりました。


また、あと4時間もすれば、初詣に出かける方を見かけることが

できるのでしょうね。


さすがに今日は冷えてきました。これを書き終わったら、今年の

仕事は終わりです。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良い一年でありますように。
| Pa | 19:12 | - | - | pookmark |
今年もありがとうございました
 今年もあっという間にすぎてしまい、残すところあと2日です。

本当に早かったと思います。


今年はやはり私を育ててくれた恩師お二人がお亡くなりになったことは

私にとってはたいへん辛い出来事でした。


まだ、実感がわかないことと同時に、まぶたを閉じれば涙があふれて

しまいます。


それでも、最近になってわかることがありました。


子ども達と接しているときに、自分がどのように恩師に接してもらって

いたかがよくわかるのです。


こんな思いで接してもらっていたんだと、実感できることがたくさんあって

こんなにたくさんのものを与えてくださっていたのだと、感謝の気持ちで

いっぱいになってしまいます。


先日も、授業の最中にそのことを感じてしゃべることができなくなってしま

いました。もちろん、生徒にはわからないようにごまかしましたが・・・。


大切な恩師お二人のご冥福を心よりお祈りいたします。


うれしいこともたくさんありました。

生徒からスタッフへ、そして社会人へと教え子が巣立っていってくれました。

今まで、来ることがやっとだった生徒が積極的に来てくれるようにもなりました。

「新しい道に進みたいねん!」と言ってくれた生徒もいました。

うれしいかぎりです。


多くの方に支えられて、今年も1年を何とか過ごすことができました。

このブログからではありますが、心よりお礼を申し上げます。


厳しい経済状況も少しは緩んだかと見えていても、いつ再び金融危機のような

ことが起こるとも限りません。しばらくはドル高の動きもとまらないと思います。

株もしばらくの間は高い水準で動くのではないかと思います。

経済の動きは家庭の財布に直結していると私は考えています。


また、子ども達の将来を考えたときに、今後の日本や世界がどのようになって

いくのかも考えた上で、子ども達と接していかなければならないと思っています。

特に学校に行けなかった子ども達は、社会的にも精神的にもハンディキャップを

もっています。それを乗り越えていくためには、それなりの覚悟をしてもらわな

ければなりません。社会がどのように変化していくのかに敏感でなければ、彼らの

将来を共に考えることはできないと、私はこれまでも考えてきました。


だからこそ、日本の経済、世界の経済の動きについても、少しずつでも勉強を

続けていかなければと思うのです。そのようなことも考えながら、来年はどのよう

に運営していくか、ゆっくり考えていられるほど甘くは無いと思いますが、足元を

しっかりと固めながら、また、来年も子ども達と共にがんばっていければと思って

おります。


また、多くの方のご協力をいただきながら、来年も何とか運営をつづけていくことが

できるように努力を続けます。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。
| Pa | 12:51 | - | - | pookmark |
高卒認定試験
 高卒認定試験が本日と明日の2日間行われます。

今日、受験された方、お疲れ様でした!!!!!

大阪会場は朝から突然、雨が降ったかと思えば、すぐに
止んで晴れ間が出て、また、雨になってと、台風が近づいて
いることがわかる、変わりやすい天気でした。

そんな中、今日は多くの方が現代社会、国語、英語、数学を
受験したことと思います。中には理科総合から物理まで受けた
人もいると思います。本当にお疲れ様でした。

試験を受けることが初めてだったり、ずいぶんと長い間、試験を
受けたことがなかった人も多かったと思うのです。不安も大きく
受けるだけと簡単には言えなかったことだと思います。本当に
疲れたと思います。今日はゆっくりと休んで、また、明日に備えて
ください。

明日も自分のできる範囲で精一杯、試験に臨んでくださいね!

| Pa | 23:07 | - | - | pookmark |
ご無沙汰しております
 長い間、ブログを書いておりませんでした。
お読みいただいている方々には何もブログ上に書かずにお休みしてしまいすみませんでした。
この場を借りてお詫びいたします。

さて、1年間、ラジオ大阪の「ラジコレ」に出演させていただき、教育についてお話
させていただきました。たくさんのお手紙もいただき、とても学ばせていただきました。

また、別のところで、このラジオでお話したことをまとめて掲載していこうと思っています。
また、そこで、パーソナリティーの兼定さんと一緒に考えてきたことなどもまとめていこうと
考えています。

はじめましたらこのブログでもお知らせしていきます。

取り急ぎ、お詫びとお知らせまで。

なお、高卒認定試験があと1週間ほど実施されます。現在、社会人の方も含め、最後の
追い込みを行っております。少しでもお手伝いが出来ればと思います。それまでの間は
なかなか、更新もできないかもしれませんが、お盆には更新いたしますので、しばらく
お待ちください。

| Pa | 20:10 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


続きを読む >>
| Pa | 10:37 | comments(0) | - | pookmark |
U君も応援に!
U君も夏休みの終わりから応援に来てくれるように
なりました。

続きを読む >>
| Pa | 10:53 | comments(0) | - | pookmark |
I君が夏休みに応援に。
この春、進学して行ったI君がこの間ふらっと顔を出してくれました。

友達もでき、すごく成長しているI君を見て別人かと思ったほどです。
続きを読む >>
| Pa | 12:29 | comments(0) | - | pookmark |
不規則な生活
久しぶりにお昼過ぎまで寝てしまいました。

起きて一番に思ったことは



「あ〜ぁ、よく寝たぁ」



ではなく、



「肩痛いなあ、凝ってるなあ」



でした。





それにしばらくすると



「1日の半分無駄にした・・・」



とちょっと暗い気分になってしまいました。





もちろん、疲れを取るにはよかったのですが、

思った以上に寝るとなぜか肩こりがひどくなり

せっかくいろいろ仕事以外のことができるのに

時間がなくなってしまって、もったいないこと

をした気分になってしまいます。





このちょっと落ち込んだ気分と肩こりは何とか

しないと明日に持ち越してしまいそうなので、

ストレッチをしたり、部屋の片づけをしたりし

ながら、何とか持ち直そうとやってみましたが、

そんな簡単にはいかないものです。







たまにはそんな日もあるさと思い直すことが、

一番かもしれませんね。


| | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode