スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
現実直視2

先日、あるご家族からご相談がありました。
子どもが学校に行くことができていないと
いうことでした。


そのため、かなりの単位をとっているのですが、
何科目かが残っているため、卒業ができないと
いうのです。

 

「卒業ができない」


こともたいへんなことなのですが、
そのことよりも、


「なぜ、そうなったのか」


ということの方がはるかに重要だと
思うのです。


ところが、ご家族は、とにかく卒業が
できればそれでいい、というお考えな
のです。


ですから、当然、どうしたら卒業が
できるのか、卒業するために、私が
協力してくれるのか、ということが
ご相談の内容だったのです。


それなら、私でなくても、まったく
問題はないと思うのです。



ところが、ご本人とお会いしてみると
どうも何か問題を抱えているようなの
です。


ご本人といろいろなことを話している
うちに、どうも家族との人間関係に
悩んでいることもひとつの原因だと
わかってきました。


 


ご本人がどう考えているかということや
困っていることを相談したり、話したり
することができる人が家族にいないのです。


もちろん、原因は一つだけではありません。
ご本人が気がついていないことも、原因と
してはあると思います。


ただ、ご本人がはっきりと家族に相談が
できないというのは、あきらかに問題です。


高校生や大学生の男の子が家族にいろんな
話をするとは思えません。どちらかというと
言いたくないというのが一般的です。


ですから、その点は話をしっかり聞かないと
わからないと思い、なぜ相談できないのかと
いうことを、ゆっくりと聞いてみました。


そうすると、小さい頃からほとんど自分の
意見や考えを聞いてもらえていないことが
見えてきたのです。


要するに、ご家族は親としての考えを無意識に
押し付けてきたのです。


これは、子どもの安全や健やかな成長を
願うあまり、無意識にご家族が行っている
ことも、実際にはかなりあるのです。


それでも、思春期に入り反発したり、
親との距離をおいたりすることで、
自然と自分の意見を言える
ようになったりすることも多いのです。


ところが、彼の場合は、明らかに思春期に
入ってもいろいろと厳しく言われることで
自分の意見を家族に聞いてもらうことが
できなかったのです。


もともと、小さいときからおとなしい
子どもだったこともあり、心配のあまり、
ご家族が彼の意見も聞かず注意することが
多かったようです。

 

ここまでわかれば、彼にとっても、ご家族に
とっても、いい機会ですから、一緒に考えて
いきたいと思い、ご家族にもう一度おこし
いただき、お話をしました。


ところが、そんな簡単にはいかなかったのです。


現実をご家族は受け入れられなかったのです。


ここに以前お話した、受け入れがたい子どもの
状態を受け入れる大きな大きなヒントがあるのです。


そのことは、後日、お話したいと思います。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    パーソナルアカデミー
    http://personal-ac.com
        http://personal-academy.jp

| Pa | 20:04 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:04 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode