スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
お子さんの今の状況を把握していますか?

不登校と言ってもいろんな

状態があることは、よく

知られているところです。

 

文部科学省の不登校の定義は

 

「何らかの心理的、情緒的、

身体的あるいは社会的要因

・背景により、登校しない、
あるいはしたくともできない

状況にあるため年間30日

以上欠席した者のうち、病気

や経済的な理由による者を

除いたもの」

 

となっています。

 

 

 

 

その原因となっているものを

文部科学省の定義から考えると

 

心理的要因

情緒的要因

身体的要因

社会的要因

 

などがあげられ、

 

疾病等の要因

経済的要因

 

は除くということに

なります。

 

 

これまでにも何度も書いていますし、

講演等でもお話しさせていただいて

いるのですが、この原因を見つける

ことは容易でないことが多いです。

 

というよりも、原因を見つけたところ

で根本的に解決できるわけではありません。

 

だからと言って、昨今、不登校が

認知されてきた結果、学校にすぐに

行かなくなってしまうということが

多くなっているように思います。

 

それが悪いというわけではないのです。

子どもの命がかかっていることも

ありますから、行かないのは

それでなんの問題もありません。

 

 

しかし、原因はわからないまでも、

今、どのような状態なのかを、ご家族は

把握しておかれることは必要だと

思っています。

 

身体症状が出るのか、気持ちが落ち

込んでいるのか、何か不安感がある

のか、それをまず、聞いてあげること

です。

 

もちろんですが、無理に言わせようと

してはいけません。

 

まず、そのことを把握しておき、

ゆったりと家に居られる状態を作って

あげていただければと思います。

 

次回はゆっくりと家にいるとずっと

そうなる不安とご家族が向き合うことに

ついて、お話ししたいと思います。

| Pa | 11:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:00 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode